小児矯正

無料相談実施中

お子さんの噛み合わせが発育期になると上手く合わなくなることがあります。これは、顎の発達によるものです。顎の骨がまだ柔らかい時期(3~12歳頃)にある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができれば歯並びをキレイに揃えることは割と容易ですが、成人になってしまうと、治療が困難になることも少なくありません。

当院では、月1回程度ですが、矯正専門医による無料相談を行っています。お子さんの歯並びが気になるという保護者の方は、この機会に1度ご相談ください。

歯並びがきになる方でも…

不正咬合

矯正治療によって改善することが可能です。

矯正

当院の小児矯正の特徴

無料相談

無料相談矯正治療を開始するまで何度でも、患者様にご納得いただけるまで無料相談を行っております。

お気軽にご相談ください。

矯正治療への疑問・不安
  • 人に知られずに矯正したい
  • 一般歯科の矯正治療との違いは?
  • 八重歯だけを部分的に矯正したい
  • マウスピース矯正で本当に歯が動くの?
  • 治療期間はどのくらい?
  • 子供の歯並びに不安がある
  • 私の歯並びだと費用はどのくらい?

など、矯正治療についてどんな質問や疑問にもお答えしております。

またもちろん、矯正治療の無料相談を受けたからと言って、必ずしも蘇我こども・おとな歯科医院で矯正治療を行わなければならないということではありません。

蘇我こども・おとな歯科医院では無理に矯正治療をお勧めすることはありませんので、安心してご相談ください。一人で悩まず、歯並びや矯正治療の悩みや疑問を解消するためにも、お気軽にご相談ください。

日本矯正歯科学会の認定医在籍

日本矯正歯科学会の認定医在籍矯正治療を担当している当院の院長は国内の矯正歯科学会で最も規模の大きな「日本矯正歯科学会」の認定医資格を取得しております。

実績や高度な知識が要求される認定医資格を持っているのは国内の歯科医師の中でも約3%しかいません。

歯並びチェック

お子さんの歯並びが下記のようになっている場合、矯正治療が必要な可能性があります。徴候が見られる場合はお子さまの年齢に関係なく、一度当院までご相談ください。

出っ歯

出っ歯上の歯または上顎全体が前に突き出している。
 

受け口

受け口上の歯よりも下の歯が前に突き出していたり、
前歯が内向きに傾いている。

乱ぐい歯

乱ぐい歯歯並びがデコボコや八重歯になっており、
歯磨きがしにくい。

開咬

開咬奥歯を噛み合わせても前歯がしっかりと噛み合わず、
隙間が開いたままになる。

矯正装置について

顎に歯がきちんと並んで生え揃うスペースを確保することが、小児矯正の大きな目的です。

小児矯正では、大人と同じブラケットと呼ばれる矯正装置を使うこともありますが、多くのケースでは「床矯正」によって顎を拡大します。

床矯正

床矯正床矯正は乳歯のみの時期や乳歯と永久歯が混在している時期によく用いられる、取り外しが可能な矯正装置です。

口の内側から外側に向かい顎に負荷をかけることで顎を拡大し、歯が生え揃うためのスペースを作ります。

治療の流れ

1初診相談

プライバシーに配慮し、コンサルティングルームで詳しいお話をお伺いします。

2精密検査

お顔の写真、横顔の骨格のレントゲン写真、口腔内写真などを撮影し、お口の型取りも行います。

3治療方針や治療装置の決定

患者様のご希望や症状に最適な治療方針と治療装置のご提案を行います。

4矯正装置の装着

実際に矯正装置を装着し、少しずつ歯を動かしていきます。

5定期的な通院

月1回、定期的に通院していただき、治療の進捗チェックを行います。

また、虫歯予防管理も徹底して行います。

6保定期間・生え変わり時の再検査

取り外し出来る保定装置(リテーナー)を装着し、動かした歯が元の位置に戻ってしまうことを防ぎます。

12歳臼歯への生え変わり時には無料で再検査をさせていただいておりますので、ここで大人の矯正(第二期治療)を行う必要があるかどうかを確認します。

7治療完了